【書評】『世界を見てきた投資のプロが新入社員にこっそり教えている驚くほどシンプルで一生使える投資の極意』(加藤 航介)

令和の時代を生きていく日本人のための、投資に関する心構えを説いた内容になっています。技術的な部分よりも、投資ってそもそも何なんだという根本部分からの話になりますので、これから株投資について考えている人におすすめの本です。

まずこの本の特徴として、投資をお金儲けと捉えるのではなく、「自己投資&社会貢献」として解説しています。このため、金銭の取引などの関する小難しい話はなく、過去の世界経済の流れや日本人の金銭感覚などにも触れており、全体的にビジネス書のような読みやすさを実現しています。

かつて日本が高度経済成長を迎えていた時は、日本国内への投資が正解でした。しかし、バブルが崩壊して以来、日本経済は他先進国と比べて成長率が低く、自分の資産を全て日本国内の資産の形で持っておくのは、お金を働かせずにニートにしておくようなものだと本書では語っています。

つまり、企業の株を買うということは、自分のお金を働かせるという事に繋がるわけです。これが上述した投資の社会貢献の一面ですね。そしてお金が働くという考え方で行くと、今の日本より国際市場の方が働き口が豊富なわけです。せっかくお金くんを持っているなら、社会のために働かせなきゃと思いますよね。

そもそも日本人は世界一位のアメリカと、従米という言葉がわかりやすいですが何かと同じ国として張り合おうとします。しかしアメリカという国はグローバルな企業が乱立しているため、アメリカ人は国内の株を買うだけで、分散投資が出来てしまうのであまり深く考える必要がありません。日本にもグローバルな企業はありますが数も規模も違いますよね。

日本は途上国から一気に先進国に上り詰めたという、他に類のない特殊な背景事情があるため、経済規模の割に一般国民の金銭感覚が中進国のまま変わっていないという現状があります。自分の労働力を金銭に変えることが経済活動だとする常識を変えていかない限り、成長率が戻ることはなさそうです。

もちろん短期間で確実に生活していける給料がもらえる安定資産として労働な大事ですし、独自の文化や、治安の良さなど、強みになる部分も多いので、柔軟な考え方さえ持てばこんなに恵まれた国はないわけです。自分自身や、よりよい社会のために投資を始めましょう。

私の説明が意味不明でしたら、私の文章力の問題なので、本書を読まれることをおすすめします。会話形式で読むことが出来るので、非常にわかりやすいです。こういった投資信託を含んだ話は、年齢が低い方がリターンが大きいため、20、30代は特におすすめです。逆に上の世代だと、楽して稼いでいるようにも見えるため、複雑かもしれませんが、シニア向けのプランも紹介しているので、それがAmazonでの本書の高評価にも繋がっていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です